2011年10月13日

女将だより☆法然と親鸞特別展

芸術の秋です。

10月25日から12月4日まで
国立博物館では
法然上人、八百回忌・親鸞聖人、百五十回忌を
記念する特別展が開かれます。

ゆかりの名宝
鎌倉の巨星ふたつ。800年ぶりの再会。
と副題がついています。

阿弥陀三尊坐像
足利尊氏がこの三尊の前で悩み、祈り、
進むべき道をみつめた。
と、研究員の方はおっしゃいます。

私は、京成日暮里駅のホームの看板に
あった言葉

『大きなやさしさに上野でつつまれる』
にグッ!と来ました!

このページの先頭へ