2012年12月03日

女将だより☆森千里先生の御本

森鷗外、生誕150年の今年。

このお祝いの年を締め括るに相応しい御本が
まもなく、出版になります。

「鷗外と脚気」

ストレートな題名にドキッとします!

お書きになったのは、森鷗外のひ孫にあたる
森千里先生。

千葉大学教授。

千里先生は
「私には、鷗外が舞い降りてきて、私にこの文章を
書かせたように思うのです。
汚名をすすいでほしい、誤解を解いてほしい、という
思いが、私を苦手なパソコンに向かわせたように
思えてなりません。」と

ーはじめに、に書かれています。

出版が待たれます。

このページの先頭へ